スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト青年からの手紙

エジプト政府による暴挙。反発する市民を武装排除。完全にインターネットから遮断。

クリックで飛びます⇒my日本SNS:とびらさんの日記から引用させて頂きました。

エジプトで現在100万人規模のデモが発生し、死者300人とも伝えられています。

クリックで拡大↓





写真がこちらにいっぱいありました。
「エジプト革命 歴史が今変わる:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)」
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52426618.html

そのエジプトで去る1月27日頃からインターネットが、エジプト政府の命令により遮断されました。

そんなに簡単にネットを遮断出来るのかと空恐ろしくなると同時に、これは政府が何かを隠していると感じました。

----「インターネットが“消えた” グラフで見るエジプトのネット遮断 - ITmedia News」より。引用ここから
米セキュリティ企業Arbor Networksによると、28日に世界中の80のプロバイダーとエジプトとの間のトラフィックが突然急減したという。それまでは、デモの活発化とともにトラフィックが拡大していた。
----引用ここまで
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1101/31/news044.html

インターネット遮断の直前に「エジプトの青年」を名乗る人物が、大手ブログblogspot.comに投稿した「世界への手紙」と題された投稿を、TUP(タップ=平和を目指す翻訳者たち)が翻訳してくれました。

現在までのエジプトの状況、デモをしているのは誰で、その目的は何なのか、それをどのようにねじ曲げられているか、そして世界の人々に向けたメッセージが書かれています。

一部を抜粋してご紹介しますが、是非リンク先で全文をご覧ください。

----「Translators United for Peace - 速報874号 エジプトの若者からのメッセージ」より。引用ここから
だまされてはいけません。人々を動かしているのはどこかの野党やイスラーム主義者ではありません。社会全体が、なかでも特に私たち若者が動いているのです。

私たちは平和的にデモをしていますが、政府はごろつきや悪党を雇って抗議者のあいだに潜入させ、問題を引き起こさせて、それをわたしたちのせいにしようとしています。政府は容赦なく私たちを叩き、ネットやメディアを検閲し、ほんものの銃弾やゴム弾、催涙ガスで攻撃し、何百という抗議者を拘禁したり多くの人たちを殺傷しています。

これは本物の戦いで、しかしほとんど一方的な戦いです。
----引用ここまで
http://www.tup-bulletin.org/modules/contents/index.php?co...

なお、インターネット環境が無くともTwitterを利用出来る手段を現在Googleが提供し始めています。
これは電話を使った音声メモをTwitterが仲介する(?)というようなサービスで、すでに相当数の投稿が上がっている模様です。

----「ネット遮断続くエジプトに電話からツイートできるサービス--グーグルとTwitterが提供 - CNET Japan」より。引用ここから
Speak to Tweetには3つの国際電話番号が用意されていて、ユーザーはこれらの番号に電話をかけ音声接続することで、ボイスメッセージへのリンクを含んだツイートを#egyptのハッシュタグ付きで送信できる。
----引用ここまで
http://japan.cnet.com/news/society/20425718/
Spead to Tweetはこちら。
http://twitter.com/#!/speak2tweet .
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミコスマ管理人

Author:ミコスマ管理人
命の危険があろうとも本当のことを多くの人に知ってもらうと決めた。

重要なところ
誰にも言えない:調査報告
カテゴリ
事実を知るためのリンク
訪問カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。